30歳までにやっておけば良かったシミ・ソバカス予防のケア

Pocket

自分も周りも30代に差し掛かって、自分と年齢が近い女性や会社の先輩などが最近化粧が濃くなったなって感じる瞬間はありませんか?特に頬骨のあたりの化粧が濃くなった人がいたら要注意です!

それはもしかしてシミをコンシーラーで隠しているのかもしれません。ここであなたは「かわいそう」って思うかもしれませんが、他人事ではないのです!

いまはまだ若いからと言って紫外線対策をあまり考えずに無茶をしているようではそう遠くないうちにあなたもコンシーラーでシミやソバカスを必死に隠さなければいけない状態に陥ってしまうかもしれません。

今回は30歳までにやっておけば良かったシミ・ソバカス予防のケアについて、紫外線というものの基本的な仕組みから解説していきたいと思います。

シミやソバカスが出てからでは遅い紫外線対策

hiyakedome

元々皮膚は新陳代謝を繰り返して新しいものに生まれ変わっていきます。でもシミやソバカスというのは新陳代謝で入れ替わらない部分にダメージを残してしまうものなので決して消えることはありません。

その為、正しい紫外線対策をシミやソバカスが出てくる前にしっかりと実践していく必要があります。まずは実際にシミが出てしまった人の失敗談をまじえながら紫外線対策の重要性について解説していきましょう。

20代までの紫外線対策がカギを握る

20代ではシミやソバカスは自分に関係ないと思いがちですが、紫外線対策をしっかりしていないと若くしてシミやソバカスが出てきてしまうのでいまあなたが若かったとしても決して他人事ではないのです。

シミというのは紫外線を一定量浴びると肌に表れるようになります。そのため20代で十分な対策をしておけば30代になってもシミの無い状態を作ることが出来ます。

なので紫外線に「まだ対策をするには早い」ということは無いので、若いころからの紫外線対策がいつまでも若々しい肌を保つために不可欠となってきます。

冬や曇りの日も紫外線対策が必要

夏が一番紫外線が強いと思っている人は多いと思いますが、実は冬も紫外線は多く、特に雪の降る地域は照り返しというもので夏よりも日焼けしやすい状態になっていたりします。

照り返しと言うのはなかなか困ったもので、太陽は上から人の頭に向かって降りてきますが照り返しは雪などに反射して顔にダイレクトに当たってしまう分、肌へのダメージが強く出てしまいがちです。

また、曇りの日の紫外線は晴れの日の紫外線よりもシミの原因になりやすい種類の紫外線だったりするので、冬や曇りの日にも油断することなく紫外線対策することが、シミの予防にとって大事なことだと言えます。

しっかり対策してれば30歳を過ぎても綺麗

高校の同窓会に行った時に高校時代に真っ白ですっぴんでもキレイだから紫外線対策やお化粧など一切顔に何もつけていなくてもモテモテだった同級生は30歳になった年にあった同窓会では、かわいさは当時のままだったのですがシミやソバカスだらけでした。

また、紫外線によるダメージなのか小じわやたるみまで見受けられてみんな陰で「あの子、老けたよね」と噂していました。

反対に顔は特に普通だったけど、紫外線対策を抜かりなくしていた友人は30歳にも関わらずシミやソバカスも全くなく、高校生の時の肌質を現在でも維持していて周りから「変わらないね~!」と驚かれていました。

40歳で大きな違いが見えた体験談

筆者は親戚の中でも年が下で、5人いるいとこの中で私だけが10歳下なんです。他のいとこはみんな40歳くらいなのですが、親戚の集まりなどでお泊りしてメイクを落とした時に紫外線対策に気を遣ってきた人とそうでない人が肌を見ただけでハッキリわかってしまいました。

40代というと今の私たちからは遠い世代に見えるかもしれませんが、実際にメイクを落としてはっきりとした違いが出ているのを目の当たりにしてしまうと今から対策しなければ大変なことになってしまうという実感がわいてきて少し怖くなりました。

意外と知られていない紫外線のこと

sigaisen

一言に紫外線対策と言っても、肝心の紫外線というものがどういうものなのかを知らない人は多いです。対策をするからには敵のことを知らなければ完璧に防ぐことは難しくなってしまいます。

次は紫外線の種類とそれぞれに対する対策として具体的な日焼け止めの選び方・塗る場所・タイミングについて詳しく解説していきましょう。

紫外線には2種類ある

紫外線にはA波とB波という2種類があります。まずA波は表皮ではなく表皮の奥の方にある真皮というところまで届いてシワやたるみの原因になる紫外線です。

A波は肌の奥の奥まで届いてしまうので肌を支えるコラーゲンまでにダメージを与えるためシミやソバカスにとどまらずシワやたるみの原因にまでなってしまうのです。

反対にB波はただ単に皮膚表面が日焼けするというものなのでどちらかと言えばA波を防ぐ紫外線対策が重要となってきます。

正しい日焼け止めの選び方

日焼け止めを選ぶ際によくみなさんが気にしているSPF値というのは実はB波を防ぐ指標なのです。

しかし先ほど説明したように防がなくてはならないのはどちらかというとA波なので、B波を防ぐSPF値よりA波を防ぐPA値という指標の数値を気にして日焼け止めを選ばないと効果的にシミやソバカス、シワやたるみを防ぐことは出来なくなってしまいます。

高い日焼け止めを使っているつもりなのになんだかあまり効果が出ている気がしないという人は日焼け止めそのものの選び方を間違っている可能性が高いです。

PA値をチェックする際は日焼け止めの本体の表か裏側に「PA +」などPAと書かれた後に+(プラス)の数で表されています。安い日焼け止めだと+の数が少ない事が多いのですが効果的にシミなどを防ぐには最低でも+の数が3個以上、理想は4個のものを選ぶといいでしょう。

日焼け止めの効果的なつけ方

顔の日焼け止めはメイクをすると塗り直しがきかないので、PA値が強いものを使わなくてはあまり効果的に紫外線対策ができません。しかし、首や腕など顔以外の部分は塗り直しがきくので1日のうちんで何回か塗りなおすとより効果的に紫外線対策が出来ます。

また日焼け止めを付けるタイミングについてですが、よく勘違いされがちなのが日焼け止めを朝だけ塗ればいいという思い込みです。

顔は日焼け止めの上にファンデーションがあるので紫外線を防ぐ力が持続するのですが、首はファンデーションを塗っていないし汗をかきやすいので日焼け止めが取れやすいので朝だけでなく紫外線の強い14時~15時に差し掛かる前の12時くらいに塗りなおすことと、夕方に帰宅する前にまだ日が出ているようなら改めて塗りなおす必要があります。

重点的に日焼け止めしたい場所について

首が日焼けしてしまうとせっかく顔の色が白くてもファンデーションの色を首の色に合わせて暗くしなくてはいけなくなるので首の紫外線対策は女性にとっては大変重要な部分になってきます。

また、人が人の顔をパっと見た瞬間に首の肌にしわがあるかどうかで年齢を判断していると言われています。つまり首にシワやたるみが増えると一気に老けて見えるようになってしまうということです。

首にシワがなければいつまで経っても若く見られるようになるので、しっかり紫外線対策していきたいところですね。

30歳までにやっておけば良かったシミ・ソバカス予防のケアまとめ

30歳になってからシミやソバカスが目立ってくるようになるかどうかは20代までの紫外線対策にかかっていると言えます。若いからと言ってまだ対策しなくてもいいという事はありません。なぜならシミやソバカス、シワやたるみは一度出てしまうと元に戻すことが出来なくなってしまうからです。

反対にしっかりと20代のうちから必要な紫外線対策を実践できてさえいれば30代や40代になったときに紫外線対策をおざなりにしてきてしまった周りとの大きな違いを感じることが出来るはずです。

また予防する上では紫外線に合った日焼け止めを選んでいかなくては一番シミになりやすいところをカバーできないという残念な結果になってしまいかねませんので、紫外線対策のやり方が間違っていないか、また日焼け止め選びが間違っていないかはしっかり確認しておきましょう。

Pocket