高いギターを通販で購入する前にやっておけば良かったこと

Pocket

筆者はギターが趣味で毎年最低でも20万以上の高いギターを必ず1本は買っているのですが、いい楽器を取り扱う楽器店はだいたい東京や大阪が多いです。京都や福岡なども品揃えのいい楽器店はあるのですが、それでも東京や大阪とは比べものになりません。

そのため筆者のように住んでいるところが地方だとどうしても楽器を買う時はインターネットでの通販が多めになってしまいがちです。

また、東京や大阪で展開しているイケベ楽器やクロサワ楽器などの大手の楽器屋さんはアフターサービスが手厚いので例え同じモデルが近くの楽器屋にあったとしても敢えて通販で購入する価値が出てくることもあります。

そこで筆者がギターを通販で買ったときの失敗談をまじえつつ、高いギターを通販で購入する前にやっておけば良かったと思ったことをシェアしていきたいと思います。

高いギターを通販で購入する前に必ずするべき事前調査

高いギターはそれだけ希少性があり、限られた楽器店でしか取扱いが無く、買うなら通販にしなければいけないというケースは少なくありませんが何十万もする楽器を通販で購入するのはとても勇気が必要です。

しかしいくつかの簡単な事前調査をすることで高いギターの通販はそのリスクを最小限に抑えることが出来ます。

近隣の楽器店に同じモデルのギターがあればチェックする

guitar2

もし狙っているギターと同じか近いモデルが近隣の楽器屋に置いてある場合、それは必ずチェックしに行くべきです。全く同じものじゃなくても問題はありません。ギターを実際に手に持った感などのだいたいの感触を確かめるだけでも大きな価値があります。

そして出来ることなら試奏させてもらって構えた時のフィット感やネックの握り具合を軽くチェックし、近くで見た塗装の色合いなどを間近で見て写真とのギャップを大まかでいいので見ておきましょう。

楽器屋の口コミも参考程度にチェックしておく

楽器屋は大手の店になればそれだけファンもアンチも存在しますので、あまり神経質になる必要はありませんが、当然系列の店舗ごとに携わっている店員さんは違いますので口コミをチェックすることは意味があります。

もしチェックしている中であまりにひどい口コミが目立つ店舗があったらそこは避けた方が無難です。

特に名前は有名でもそこまで大きくない楽器屋などで実際に店舗に行ってみたら楽器の扱いが結構雑だったという事は、筆者自身でもたまに見かけますしそういうお店はネットの口コミも悲惨な事になっているケースがあります。

いよいよ注文!絶対に失敗しない注文の流れ

次はいよいよ高いギターを通販で注文する流れの中で気を付けるべきポイントを見ていきましょう。

これをしっかり押さえておくことによって失敗しない楽器通販が出来るようになりますので要チェックです。

WEBで決済する前に電話で楽器の状態をチェック

最近はネット上の決済システムがとても手軽で簡単なものになってきていて買い物がしやすく、ギターなどの楽器屋での通販に関してもYahoo!ショッピングなどのシステムを導入していたりと、ギターを買う我々にとってのハードルもかなり低くなってきています。

そのためネットで楽器を見ていてついついやってしまいそうになるのがストレートにネットだけで即決して購入してしまうこと。これは危険なんです。

実はネット上の商品ページに載っている情報以外に故障個所や重大な修理歴があった、ということは実際のところ少なくありません。

さすがに商品ページに書いていない致命的な欠陥が見つかったり虚偽の表記があった場合は返品する必要がありますし、ほとんどの場合はちゃんと応じてくれるはずですが、こういったタチの悪いトラブルに巻き込まれてしまうと楽しいはずの「新しいギターを買う」というイベントにドロを塗られたような気分になってしまうのは避けられなくなります。決済を入れる前に必ず電話で直接楽器店に問い合わせて、「現在の楽器の状態」を確認するようにしましょう。

 

配送方法・配送業者は必ず確認する

ギターに限らず高い楽器を通販で購入するときに一番トラブルの原因になりやすいのは配送に関するトラブルです。楽器屋は自分の商品ですし、ちゃんと正常な状態で届けないと自分たちの不利益につながってしまうので慎重に扱うはずですが、それでも配送トラブルは後を絶ちません。

それはトラブルの大きな原因の一端をギターを配送する配送業者が握っているからです。

楽器店業界に多い配送トラブル

一部の楽器屋では「高いギターの配送に使ってはいけない配送業者」というのが暗黙のルールとして定着していることもあるようなのですが、裏を返せば配送業者をどこにするかはほとんど楽器屋サイドが主導権を握っている事が多いということ。

それだけに配送業者との契約の関係やギターの輸送にかかるコストの問題もあって、「高いギターの配送に使ってはいけない配送業者」を使ってしまって破損などのトラブルに発展するということも少なくないようです。

筆者が実際に経験した配送トラブルの事案としては、真夏に注文したギターがクール便のトラックで届いたというものです。配達のドライバーさんから箱を受け取った時にはキンキンに冷えていて部屋の中に運び込んで開封したところボディ全体に結露が出始めるという悲惨な状態に出会ったことがあります。配送業者の言い分としては「クール便のコンテナのあるトラックのクール便じゃないコンテナに入れて運んだ」という驚きの内容でした。

ちなみに結露を起こしたギターは塗装浮きが出てしまって返品交換という流れになってしまいました。それ以降は高いギターを通販で購入する時には必ず楽器屋さんに「ヤマト運輸を使ってください」と、指名を入れるようにしています。

クレジットカードとショッピングローンの手数料を比較しておく

高いギターを買うとなるとクレジットカードや店頭で用紙を書いてFAXで審査を申し込むショッピングローンを活用する必要が出てくることがあります。20万円以上するようなギターを現金一括で買えるという人はそんなに多くないのでどこの楽器屋さんでも当たり前にローンを推奨して売り込んできます。

しかしローンは分割回数によってはクレジットカードとそこまで変わらない手数料になる可能性があります。特にリボ払いのカードにはリボの時の金利がショッピングローンより安くなるケースもあるので事前にチェックしておく必要があります。

購入する楽器屋によってローンの審査基準が違う?

ショッピングローンの場合、お店のキャンペーンなどによって金利ゼロにしてくれたりすることもあり一見お得に見えますが、そもそもローンの審査の通り方に楽器屋とローン会社の力関係によるクセがあります。

買おうとしているお店によっては審査基準が厳しくなっていたりすることがあるので、ローンを利用するつもりだったとしても購入前に保険的な意味合いでクレジットカードを1枚用意しておくと心強いですよ。

もし楽器が壊れていたらどうする?

guitar3

通販による楽器の購入でもし届いた楽器が壊れてしまっていたら・・・慌てないで冷静に対処することでちゃんと保証されますのでご安心を。

ここで多くの人がやってしまいがちな間違いとして、最初に配送業者に連絡を入れるのは無駄足に終わる可能性が高いのでおススメしません。なぜなら「うちでは保証できません」と言われるのがオチだからですね。

配送業者と楽器屋の補償の仕組み

これにはちゃんとした業界のカラクリがあって、基本的には商品を購入した人のところまで送り届けるのは配送業者の選択も含めて楽器屋の責任になります。楽器を購入したお客さんであるあなたに楽器の交換や修理について保証するのは楽器屋さんなのです。

実際に破壊した配送業者はお咎めなしかと言うと、そういうわけでもありません。

ここで運送業者と楽器屋の間での責任の所在の検証が行われ、配送業者の過失であった場合は楽器屋から配送業者に賠償請求が行きますし、楽器屋が自分で梱包した際に壊したのであれば保証にかかった費用は楽器屋の持ちだしになるというわけなんですね。

高いギターを通販で購入した後に後悔しないためのまとめ

それでは最後に高いギターを通販で購入する際に、買ってしまってから後悔しないようにするにはどのようなポイントに気を付ければいいのか、まとめたいと思います。

まずは事前調査。近隣の楽器屋で近いモデルを試奏してだいたいの感覚をつかんでおくことと、通販で決済する前に楽器屋さんに直接電話で確認をすることは失敗しないための第一歩としてとても重要です。

そしてクレジットカードやショッピングローンなど、高いギターを購入する時によく使われる分割支払いの方法と手数料の比較について手持ちのカードと利用する予定のローン会社について下調べをしておくこと。

最後に、通販につきものの届いてからのトラブルへの対処を軽くでいいので把握しておくことによって、万が一の場合にも慌てずに対応することが出来るはずです。

以上のポイントをしっかり押さえて、失敗しないギター通販を楽しみましょうね!

Pocket