旦那の実家で両親と同居する前に知っておくべきだったこと

Pocket

結婚するとき、相手や自分の両親と同居するかどうかという判断はよくありがちな問題ですよね。

同居というのは基本的に上手く行かないと言われていますから出来れば避けたいものですが、どちらかの両親が高齢だったりすると拒否するわけにもいきませんね。

筆者は旦那の両親との同居による嫁姑問題がきっかけで様々な問題に直面して離婚まで考えた過去があります。でもその反面、悪い事ばかりじゃないのも事実です。

今回は旦那の実家で両親と同居する前に知っておくべきだったことにということでメリットとデメリットをチェックしていきましょう。

家事の分担について

まず一緒に暮らすために2世帯住宅でも建てていれば別かもしれませんが、家事のどれをどちらが担当するのか?当番制にするのかといった問題が出てきます。

お義母さんから進んでそういう話が出てくるのであれば嫁としては助かるのですが、暗黙の了解のようにやるべきことが決まってしまっている事があります。

共用部分の掃除がすべて私

昔、旦那の両親と同居していたころ、旦那の実家は戸建ての住宅でその二階部分を私たちの居住スペースとしていました。

階段までは私たちしか使わないスペースなのですが、玄関や一階の廊下、お風呂場やキッチンなどの共用部分の掃除が特に分担されるということはありませんでした。

souji

基本的にすべて私が掃除していたんですよね。たまにお義母さんも掃除してくれたのですが、頻度としてははほとんど私で、嫁が家を掃除するのは当たり前という感じでした。

ただし、掃除の仕方や片づけの基準などは旦那の実家に合わせなくてはいけないので、最初のうちは全部終わってから口出しされてやり直しになることも多かったです。

キッチンを使う時間

二世帯住宅などで完全に分離していれば問題は無いのかもしれませんが、そうでない場合はキッチンも共用ですから、家事の分担だけじゃなくてキッチンを使う時間帯や使い方は必ず問題になってきます。

私の旦那の両親は居間で寝ていたので夜中に小腹がすいて夜食を作るのですら忍び足で一苦労でした。起こしてしまって恥ずかしい思いをすることもしばしば・・・。

しかし使用の時間帯や使い方のルールを明確に作ればストレスなく使えるのか?というとそうでもありません。

そこはお互いの気遣いが重要になってきますが、基本的にアウェイなのはこちらなので両親たちに気遣いを期待することはほとんどできませんでした。

忙しい時や具合の悪い時にご飯を作ってくれるメリット

旦那の両親と同居していた時の家事では決して悪い事ばかりではありません。

私が具合が悪かったり、仕事で忙しい時でもちゃんと事情を知ってもらって手助けしてもらうことも出来ます。

両親との同居をしていなければ、どんなに熱が出ていても家事をするのは自分しかいません。

大抵旦那はこういう時には頼りになりませんからお義母さんとの関係さえ両行に保っておけば強力な味方になってくれます。

金銭面について

okane2

旦那さんの両親の実家で暮らすということは買ったものがどんなものか、食べているものがどんなものか、どこに旅行に行ったのかまで全部筒抜けになってしまいます。

もしあなたが専業主婦じゃなくてパート・アルバイトや会社勤めをしていたとしても、そのお金の使い道は注意しなくてはいけません。

好きな洋服などが買いにくい

私は独身の頃から自分の稼いだお金で毎月1着は新しい洋服を自分へのご褒美として買っていました。

でも結婚して両親と同居するようになってからはなかなか買うことが出来なくなってしまいました。

お義母さんが「また新しい服を買ったの?」という内容を遠回しな言い方でつついてくるようになったのです。

どんな服を買っているのかも、どんな頻度で買っているのかもバレてしまうし、こっそり買ったとしても着ている事で気づかれてしまうのでだんだん買う気が起きなくなってしまいます。

これは旦那の両親と同居さえしていなければ全くあり得なかった問題なのでちょっと辛いところですね。

使う食材などの価格差

同一世帯での同居でキッチンが共用だとほとんどの場合は冷蔵庫も共用のはずです。そこで出てくるのは料理に使う食材の問題。

私は油の質が悪かったり使っている食材に添加物が多く使われている場合に具合が悪くなってしまったりアレルギーが出て苦しくなることがあるので多少値段が高くてもいいモノを使って料理をしたいのいですが、旦那の両親は食に関して特に頓着がないんです。

だから私がちょっといい食材を使っているというのもあまり理解できないらしく、「こんなに高いモノを買ってばかりで大丈夫なのかしら?」という事をこっそり旦那に話したりしているようです。

子育ての問題

旦那の両親と同居するということは基本的に自分のペースというのはあり得ませんが、それは子育てについても同じです。

子どもにとってはおじいちゃんおばあちゃんと一緒なのでうれしいことも多いのですが、嫁としてはなかなかそういうわけにはいきません。

旦那の実家での子育てではどんなところがポイントになるのか見てみましょう。

旦那を育てた時の教育方針を押し付けてくる

旦那の両親と同居するようになって気づいたのですが、どうやら旦那は軽いマザコンだったようでお義母さんもかなり溺愛しています。

だから子どもの教育方針についても旦那と同じような感覚で口を挟んで価値観の押しつけとも取れるような発言をしてくることが多々ありました。

私とは方針が違うと言っても子育てに関して大先輩なので無下にあしらうわけにはもちろんいきませんでしたね。

帰りが遅くなる時などに子どもの面倒を見てくれるメリットも

mago1

もちろん、子育てについても悪い事ばかりではありません。私がは結婚してからもパートに出ていましたので、子どもが学校から帰ってきてから私が仕事から帰宅するまでの間には義理の両親が面倒を見てくれていました。

残業などがあればご飯を作ることも任せることが出来たのでかなり助かりました。

おじいちゃんやおばあちゃんが作ってくれるご飯やおやつには子どもも喜んで食べていたのでとても安心できましたね。

子どもの反抗期には義理の両親とトラブルに

小さいころはおばあちゃん子でかわいい孫でも大きくなって多感な時期に差し掛かってくるとおじいちゃんおばあちゃんにも反抗するようになります。

きっかけは些細な事でテレビのチャンネル争いなどだったりもするのですが、子どもにも義理の両親にも言い分があるので、板挟みにされるのは嫁の私でした。

子どもなんだから大人が譲ってあげるところがあってもいいものなのですが、年を取ってくると子どもと精神的なレベルが近くなってくることもありどちらも絶対に折れないなんてことも日常茶飯事。

立場上、子どもに我慢させなきゃいけない事は多いのですが内容的に子どもが悪いことばかりじゃなかったりするので心苦しかったものです。

結局、子育ての問題がきっかけで別居しました

最終的に私たち家族は子どもの教育の問題がきっかけで別居することになりました。

旦那の実家からそんなに遠くないところに分譲のマンションを購入するということでなんとか落ち着きました。

子どももおじいちゃんおばあちゃんと別居することによってストレスがなくなったようで、今ではお互いに仲よくできています。

何かあったら面倒を見たりお世話になったりすることは普通に出来る距離なので特に離れているという不安があるわけでもなく今ではとても上手く行っていると思います。

人それぞれによって違うものだとは思いますが、義理の両親の面倒を見ながら適度な距離感を保つというのが上手く行く秘訣なのかもしれませんね。

まとめ

旦那の両親と同居するということは家事の分担や金銭的な価値観、子育ての方針についてもマイペースではいられなくなってしまいます。

自分の手が回らない時や体調が悪い時に手助けをしてくれるというメリットも少なからずあるのですが、距離が近いだけに常に気が休まる感じがしなかったですね。

今は別居して近くに住んでいますが、どんなに親子・親戚であっても適度な距離感を保って接することが大切だと実感しました。

近くに家を建てるかマンションを借りる・買うというのが一番かもしれませんね。

Pocket