2人の男性と三角関係になって修羅場になる前に知っておきたい本命の選び方

Pocket

恋愛関係に関するトラブルというのは「金銭」「ストーカー」「浮気」「暴力」など様々あるものですが、「三角関係」というのもすごく厄介な問題です。

あなたに彼氏もしくは好きな人がいたとしてもあなたさえブレなければ全く問題にはならないはずです。

そこは人間の感情が絡んでくるのでどんな人が出てきていつ何があるかは誰にもわからないもの。

男性同士の修羅場は殴り合いなどの流血沙汰になる可能性もあるので、とりかえしのつかないトラブルにならないようにパートナーを選ぶ基準をしっかり自分の中に持っておく必要があります。

そこで今回はあなたが2人の男性三角関係になってしまって修羅場に遭遇する前に知っておいてほしい「本命の男性の選び方」で筆者が気を付けていることをシェアしてみたいと思います。

筆者が直面した三角関係の体験談

最初に筆者が経験した三角関係がどのようなものだったのかを暴露したいと思います。

まずいい感じになったのは感情表現の豊かな明るい彼でした。

愛情表現が上手で、デートなどしていてもすごく幸せな気持ちになれる相手だったのですが、過去の経験から言ってこのタイプは付き合ってから意見が対立したら激しくぶつかってしまう感じの性格です。

更に私の前に表れたのが安定感があってちょっと大人しい感じの彼でした。眼鏡をかけていてちょっと体格もがっしりしているのですが、最初の彼よりも一緒にいて精神的に落ち着くほのぼのタイプです。

ハラハラしたりドキドキしたりはしないかもしれませんが、穏やかに過ごせそうな空気感があります。

2人とも元々友人同士で私を含めて3人で遊んでいたこともあったのですが、私が2人の間で揺れていることが発覚した際にお互いに口も利かないような関係になってしまいました。

本命を見極める3つの方法

3

どちらかを選ぶような立場になってしまった場合、あなたがどう見極めて選択していくのかによって3人の関係が上手くまとまるのか取り返しのつかない修羅場に発展するのかが決まると言えます。

そこでここからは、この時まさに私がとった「本命を見極める」方法をお伝えしていきますね。

両方と距離を置く

もし2人の男性に明らかな優劣があったとしたら、あなたはそこまで悩んでブレたりしないはずです。

迷ってしまうという事はそれだけ2人とも魅力的な男性だということなのでしょう。

しかし自分で「迷ってしまっている」という自覚があるなら、私としては両方とすぐに距離を置くことをおススメします。

なぜならどちらかと過ごす時間が多くなったり極端に距離が近くなってしまって関係に偏りが出てしまうと冷静な判断が出来なくなることが考えられます。

相手のアクションによって間違いが起こってしまったりする可能性があるからです。

ちゃんとどちらかを悔いのないように選ぶために、落ち着いて考えるために、2人には少し待ってもらうようにします。

もし「待てない」という返事がどちらかから返ってきてしまうようなら、逆にその人のあなたへの想いはその程度のものだったと判断してお断りしてしまった方がいいでしょう。あなたが決める立場なのですから、ちゃんと結論を出しさえするのであれば期限を自分から設定する必要はありませんし、明確な理由もないのに期限を迫ってくる相手がいたとしたら

あなたの理想の男性像を考える

次に考えてみてほしいのはあなたが本当に付き合いたいのはどんな男性なのか?というところです。

  • 元気なスポーツマン
  • 優しい男性
  • 知的な男性
  • 誠実な男性
  • 明るい人

すぐ思いつくタイプをあげてみるだけでもこれだけ色々な人がいるのですから迷うのは当たり前なのですが、迷っている2人の事を考えるのは一度やめて、自分の理想と向き合ってみてほしいのです。

紙などに書き出してみたり、絵が得意な人は姿かたちなどまで書いてみてもいいかもしれません。

自分のビジョンがハッキリしたところで今一度、迷っている2人の人間像をイメージしてどちらがよりあなたの理想の男性に近いかを照らし合わせてみるといいです。

2人と接していてどうだったか思い返してみる

次に考えてみてほしいのは、あなたが2人の男性それぞれと過ごして感じた【一番幸せな思い出】を振り返ってみること。

  • 楽しかった思い出はなんでしょうか?
  • どちらと過ごしている時間の方ががあなたらしくいられましたか?
  • あなたをより大切にしてくれそうなのはどちらですか?

ひとつひとつ振り返ってみればきっとどちらかに偏りが出てくるかもしれません。

また大きな判断基準の一つとして2人それぞれに対して【選ぶ理由】【選ばない理由】があるとすれば何なのかというポイントを優先させて考えることです。

付き合う前の段階でお互い気になっている異性同士なのだから一緒にいて楽しいと思えるのはある意味当たり前のことです。

特にあなたの事を思いやってくれる相手かどうか、あなたが相手の事を思いやっていけるかどうかというのが、いざ付き合い始めてから長続きするかどうかという点で重要になってくると思います。

絶対にやってはいけないことは【他の人の意見を鵜呑みにすること】

抱え込んだ悩みが大きくなってくると一人では抱えきれなくなってしまう事もありますよね。そこであなたは誰か親しい友人や身近な人に相談をして意見をもらうかもしれませんね。

soudan

でもどちらを選ぶのが正解なのかは最終的にはあなた自身が決めることであり、他の人が決めることではありません。

あなたのために良かれと思ってか、「早く決めなきゃ」とせかしてきたり、「絶対、〇〇君の方がいいよ!」などと方向性を決めつけたりしてくる友人も中にはいるものです。

ただ、他人の意見に流されるような事になれば、結果として上手く行かなかったときに自分で決断しなかったことを後悔してしまうことになりかねないです。

あくまでも友人のアドバイスは「ひとつの意見」であるということを意識して自分の気持ちと正直に向き合いましょう。

どうしても答えが出せない時の正解はこれ!

ここまで読み進めても全く答えが出せない!というのはなかなか無いことだとは思うのですが、もしそうなってしまった場合の解決方法が一つだけあるんです。

なんとなくおわかりかもしれませんが、どちらともいいお友達でいることが正解ということになります。

恋愛にはタイミングというものもありますから、「たまたま選ぶに選べない2人がほとんど同時に現れた」ということはどちらもあなたの運命の相手ではない可能性だってあるのです。

いっそ早く忘れてしまって、次の出会いに向かって進むというのもアリなのではないでしょうか?

出ない答えを求め続けてあまりに長く迷ってしまうようなら周りからも「優柔不断」といった印象で見られてしまうこともあり得ます。

どちらか選ばなくてはいけないと決まっているわけではないので、決められないなら断ってしまった方が周りのあなたへの評価が高くなって、もっとあなたにふさわしい相手が引き寄せられてくることがあるかもしれません。

まとめ

soudan2

気になる男性が2人いて三角関係になってしまった場合、あなたがどのようにパートナーを決めていくのかによってその後の展開がまるく納まるのか修羅場になるのかが変わってきてしまいます。

見極め方を誤って話がこじれてしまわないように迷った時のための指針を設けておくといいです。

大切なのは距離をある程度おいて冷静になってみること。そして自分の理想とする男性像を見つめ直して、迷っている相手と照らしてみる。どちらといた方が楽しいか幸せかを思い返してみる。という3つの方法で見極めてみてください。

どうしても答えが出ない場合は両方とお別れするのも一つの手段です。

最近は街コンもひっきりなしに開催されていますし、恋活アプリなどの便利なものもたくさん出てきているので他にも出会いの場というのはたくさんあるはず。

目の前の2人だけにとらわれる必要は無いですよ。

Pocket