ほうれい線が深くなって後悔する前にやっておけば良かった対策

Pocket

年齢と共に人の細胞はだんだん衰えていきます。重ねた苦労の一つ一つがシミやシワとなって顔に刻まれてきます。でもいつまでも若くありたいと思うのはみんな願っていることなんじゃないでしょうか?

特に年齢が現れやすいところで「ほうれい線」というものがあります。小鼻の横から口元にかけて出来る大きくて深い溝です。これが出来ることで女性も男性も一気に老け込んだ顔になっていってしまいます。

私まだ若いのに最近なんだかほうれい線が深くなってきたかもしれない・・・と思っているあなた。何も対策をしないと大変なことになってしまうかも!今回はほうれい線が出来ることによるデメリットや原因について考えながらほうれい線が深くなる前にやっておけば良かったと後悔した対策について解説したいと思います。

深くなってきたほうれい線・・・放置するとどうなる?

houreisen1

ほうれい線と言えば30代になってから出てくるのが一般的とされていますが、実は20代の若いうちから出てくるケースも珍しくはないです。そんなほうれい線を満足なケアもしないままに放置すると様々な美容への影響が出てきてしまいます。

ほうれい線に関心を持たないまま軽く見て放置した場合にどうなってしまうのか?まずはここでデメリットをしっかり確認しておきましょう。

実際の年齢よりも老け顔になる

ほうれい線は深くなってしまうと顔が5年は老けると言われています。5年分老けて見られるというのはかなり大きい違いですよね。20代半ばでも30代に見える可能性があるということなのですから。

逆に実際に年齢を重ねても若さを保っている人はほうれい線のケアがちゃんとできていると思います。30代前半なのに20代前半に見える友人に聞いてみたら、やはりほうれい線のケアには気を遣っているようです。

ほうれい線より恐ろしい「ゴルゴライン」

あなたはゴルゴ13というマンガを読んだことはありませんか?読んだことが無くてもどんな顔か見たことはあるかと思います。この「ゴルゴライン」というのはマンガ「ゴルゴ13」の主人公の顔にハッキリと刻まれた渋いシワを意味しています。

ほうれい線は小鼻の隣から口元までのシワですが、「ゴルゴライン」は目元から小鼻の脇を通り抜けて口元まで到達しているまさに「ゴルゴ13」さながらの深くて長いシワです。

年齢を重ねた「男性」であれば渋いのかもしれませんが、これが女性の顔に刻まれた場合に良いことなんてあるわけがありませんよね。もちろんここまでくると化粧で隠せるものでもなくなっていますのでかなり厄介です。

元に戻せなくなる

まだ浅いうちは頑張ってケアすればほうれい線を元に戻すことも出来なくはないのですが、深くなって取り返しのつかないところまで放置すると最後、どんどん深くなっていく一方になり元に戻すことが出来なくなってしまいます。

手遅れになったほうれい線の溝をどうしても戻したい場合は美容整形で大金を支払って無理やり戻すしかなくなります。筆者がチェックした中で一番高い手術は「フェイスリフト」というもので、耳回りを切開してたるみを引き上げるものですが費用が100万円を超えるようです。

高額なフェイスリフトで全く効果が無かった先輩

筆者の職場の先輩は20代前半で夜に化粧を落とさずに寝るという日々を繰り返していて、ほうれい線のケアも怠っていたために31歳で既に頬のたるみが出てしまいました。

重要な役職についている事もあって高いお給料にモノを言わせて思い切って120万円ほどつぎ込んでフェイスリフトを施術したのですが、これが全く効果なし。

フェイスリフトはやり直しが効かない上に施術するドクターの腕前が結果を左右するのでかなりリスクが高いのです。先輩のようにならないためにも日々の対策をしっかりやっておきたいものですね。

ほうれい線はどうして出来るの?

anti-aging1

そもそもほうれい線はなぜ出来るのでしょうか?原因がわかって初めて効果的な対策が出来るというものですので、ここで一度ほうれい線ができるのはどうしてなのか?というポイントについて原因を考えていきましょう。

早速主な原因となる要素を3つほどピックアップしてみましたので、自分のほうれい線について気になってきたあなたは必ず目を通して自分の今の生活と照らし合わせ、原因をつかんでおきましょう。

間違ったスキンケアによって出来るほうれい線

ほうれい線は頬っぺたの肌が弛んで下がってくることによって長く深くなっていきます。そして顔がたるむのは皮膚の真皮層でコラーゲンやヒアルロン酸が不足することで肌にハリが無くなって表皮の位置を保っている事ができなくなってきてしまうからです。

化粧品のチョイスを含めたスキンケア全般について間違っている人も多く、結果として十分な保湿が出来ないまま肌が乾燥して頬の弛みに繋がってしまうのです。クレンジングと洗顔と化粧水を正しくすることが必要ですね。

ストレスの増加と睡眠の質の悪化

最近なんだかほうれい線が目立ってきた・・・という人の中には「仕事でストレスを感じるようになった」という人も多いです。それもそのはず、日常のストレスはほうれい線にも大きく関係してきます。

ストレスを感じると「ストレスホルモン」と呼ばれるものが分泌され、これが血管の収縮を引き起こして肌への栄養補給に影響が出てしまったり、細胞の増殖を妨げる効果を発揮してターンオーバーの邪魔をしてしまいます。

また睡眠の質が低下することによってストレスの影響が身体に出やすくなってしまうので、ストレスを感じていて肌にも不調が出てきている人は睡眠の質を見直してみるといいかもしれません。簡単に出来るのは寝具を良いものに入れ替えることですね。

食事の偏りがほうれい線を作る

過度なダイエットによって食事が偏ってくることがほうれい線の原因を作ってしまうこともあります。食事の偏りで不足しがちな栄養素でほうれい線に影響してくるのは主に以下の栄養素です。

  • コラーゲン
  • ビタミンC
  • タンパク質

コラーゲンは肉などから摂取できますので、ダイエットで肉を意識して避けるような食生活をしていると不足しやすいです。

更にビタミンCは野菜不足が原因。こちらはコラーゲンの生成を手助けしてくれる栄養素なので、コラーゲンと一緒に意識して摂取したいもの。

またタンパク質は肌だけにとどまらず人間の身体を構成する栄養素なので肌の主成分もこのタンパク質ということになります。キレイな肌を作るための最低限の材料なのでしっかり押さえておきましょう。

今すぐできるほうれい線対策

bihada

日常生活の中でほうれい線の対策は意外と簡単に出来てしまいます。手軽で取り組みやすいものを3つ紹介しますので、取り返しのつかない深いほうれい線が出来てしまう前に実践して、効果的なほうれい線対策をしていきましょう。

水分と油分でしっかり保湿

お肌のうるおいは単純に水分だけで成り立っているわけではありません。水分と同じくらい油分も保湿に大きく影響してきます。どちらが欠けても肌は乾燥してしまうのです。

化粧水や乳液はきっと言われなくても毎日使っているかとは思いますが、確実に両方を正しい使用法と使用量で使って間違いのないスキンケアを出来るように心がけましょう。

洗顔で強くゴシゴシ洗わない

顔に汚れが残っているのはとにかくゴシゴシ洗えば落ちてスッキリプルプルの素肌が実現すると思っている人は少しだけ改めた方がいいかもしれません。肌は刺激に対して敏感なので洗顔の際はもちろんですが化粧水や乳液を付ける時も摩擦を与えたりしないように気を付けた方がいいです。

肌が本来持っている油分もそぎ落とされてしまうのでせっかく化粧品でケアしたつもりでも結果的に乾燥して粉が吹いてしまったりすることもあります。

ほうれい線対策のためにちゃんとした化粧品を選ぶ

ほうれい線の対策のために使う化粧品は保湿の効果が高くて低刺激なものをチョイスする必要があります。香料や着色料はもちろん、アルコールフリーでパラペンフリーなものを使うようにこころがけましょう。

敏感肌の人のための化粧品なども多く出回っていますが、ほうれい線を悪化させないようにしたり消すためのケアをするということであれば、そんな敏感肌用の化粧品を参考にして選ぶといいかもしれませんね。

正しい化粧品を使わずにとにかく洗顔したりなんでもいいからと適当な化粧水を塗ったりしているようでは状態が悪化していく可能性もあるので成分比較などをしながら慎重に選んだ方がいいでしょう。

今ほうれい線に悩んでる人に選ばれている対策化粧品>>

まとめ

ほうれい線は年齢と共に溝が深くなってきてしまい、顔が老けて見える原因になります。また適切なケアをしないで放置することで溝はどんどん深くなって戻らなくなってしまいます。

年齢を重ねた人だけではなく20代の若い世代でもほうれい線のリスクはあります。メイクを落とさずに寝てしまったりスキンケアの方法や使う化粧品を間違えてしまうと若くてもほうれい線が深くなってしまい「ゴルゴライン」と呼ばれる状態にまで悪化してしまうこともあります。

最終手段の美容整形「フェイスリフト」も費用が高額で、施術するクリニックやドクターの品質が大きく結果を左右するリスクの高い対策なので、ちゃんと早い段階からケアをして最悪の事態を避けるように心がけていきましょうね。

今はまだ大丈夫だけどゴルゴになりたくない人はこちら>>

pic_g219
Pocket