叶わぬ恋をして女性が婚期を逃す前に知っておくべきこと

Pocket

片思いをしている期間ってすごくドキドキするし、振り向いてくれるかどうかの瀬戸際を感じている瞬間は切なくて両想いになるよりもスリルを感じるものなのではないでしょうか?でもどんなに頑張っても振り向いてくれない相手というのはいますよね。

特に自分の努力や献身ではどうしても越えられない壁を感じてしまっている場合、冷静に考えるとそのまま続けるのがよくないケースもあります。ズルズルと引きずっているうちに婚期を逃してしまっては幸せにもなれないかもしれません。

そこで頭ではわかっているつもりなのに決断ができない、叶わぬ恋をして女性が婚期を逃す前に知っておくべきことについて筆者やその周りのリアルな体験もまじえながら諦めるべきタイミングについてお話ししていきたいと思います。

あなたの追いかけている人はあなたに振り向きますか?

oikakeru

片思いをしていて、頑張った結果に相手が振り向いてくれる可能性があるのであれば、それは続ける価値があるのかもしれません。しかし、女性には賞味期限があります。だから女性は焦ってしまうし急がなければいけないんです。

あなたがいま追いかけている人はそのまま追いかけていて振り向いてくれるのでしょうか?ケース別に振り向かないパターンを解説していきましょう。

好きな人には恋人がいる

恋人がいる人を好きになってずっと片思いしているのであれば一度諦めて他に目を向けた方がいいかもしれません。なぜなら付き合っている人がいる時点でその人はあなたが一番ではないからです。

もし恋人がいる相手と身体の関係になっているなら、もしかしてそのまま「無理やり略奪できちゃうかも」なんて思っているかもしれませんが、それは将来的にあなたを幸せにはしてくれません。

だって特定の相手がいるのにやすやすと略奪される男というのはあなたと正式に付き合うことになったとしても必ず他の女に奪われるタイミングが来てしまいます。

妻と別れるからと言っている家庭持ち

特に10代のうちにあまり恋愛の経験が無かった女子に多いように思いますが、好きになった相手が振り向いてくれたけど既婚者だったというパターン。不倫に走った時点で「妻と別れる」と言っている男性も中にはいるのですが、もちろん既婚者は絶対にNGです。

「不倫はイケナイ」とわかっていても、もしかしてあなたは後押しをしてほしいのかもしれません。しかしそこには倫理や法律だけじゃない明確な理由があるのです。

既婚であることを知りながら関係を持つ女というのは既婚の男からすると「性行為が好きなだけの最高に都合のいい女」というジャンル分けをされています。だってもし「本命」になり得るのであれば関係を持つ前に「離婚してけじめをつける」というステップを踏んでからにするのが筋と言うものです。

これを「しない」「できない」というのはどんな事情があるにしろ男が自分の都合を優先している事に他ならないのです。そういう相手は振り向きませんし振り向いてもフラフラし続けます。

急増している「恋愛はしたいけど結婚はしたくない人」

20代半ばくらいまでの年若い男性が「まだ結婚は考えられない」というのは珍しい話ではないのですが、実は「アラフォー」くらいの世代にも「結婚したくない男」というのは増えています。

筆者の男友達は彼女が10年近くいなかったのですが、アラフォーに差し掛かって大人の色気が出てきたようでモテ期になったそうです。同時に3人の年下の女性から言い寄られている状況ですが、なんと彼は誰とも真剣に付き合う気もなければ結婚なんて一切する気が起きないんだとか。

男性は40代になっても「大人の色気」でカバーできる生き物なのですが、女性は「賞味期限のある生き物」です。年を取ると見向きもされなくなるタイミングが来てしまいますので、例えあなたが若いとしてもそういう男に付き合うのは時間の浪費でしかないと思います。

手に入る範囲まで妥協できないと一生独身かも・・・

koi-jikan

あなたが叶わぬ恋にのめり込んでいるのには大きな理由があり、私にはなんとなくそれがわかります。もしかしたらあなたも薄々感じているかもしれませんが、一番の原因はあなたの理想が高いということなのです。

必ずしも理想が高いのは悪い事ではありませんが、妥協するポイントを見逃すと「高嶺の花」という鑑賞物として一生を終えることになってしまうかもしれません。そうならないための心構えについてお話しましょう。

人は悪いところがあって当たり前

完璧な人間はどこにもいませんし、いたとしたらそれはもはや人間ではありません。悪いところを直さなければいけないというのは必ずしも正解ではないのです。自分だけではなく相手を見る時にも言えることですね。

相手の欠点をどこまで愛せるかというのは重要なポイントの一つになってきます。「あばたもえくぼ」ということわざがありますが、本当に愛しているという状態になると欠点をもかわいく思えてしまうものなのです。

結婚して毎日一緒にいることになればどんな相手でも欠点が目に付くようになるので、愛するという事は許す事であり妥協することなのだと言えます。

どんなにいい夫婦でも毎日好きでいるのは困難

付き合っている間、それも付き合いはじめの期間って本当に楽しいですよね。無条件で相手が運命の人だって思えてしまう事もあります。それは相手に対する熱が一番高まっている時期だからなのではないでしょうか。

しかしどんなに惚れあって情熱的に結婚した夫婦であっても毎日好きな気持ちを維持し続けるのは難しいことです。とても肉が好きな人が肉を食べたい日ばかりでなく魚を食べたい日もあるように、人の気持ちには浮き沈みがあるものですし、常に同じ状態を保つことはできません。

一番大切なのは浮き沈みを受け入れて「こんな人だけど愛すべき人なんだ」という気持ちを持って自覚することだと思います。長く一緒にいれば喧嘩をすることだってあるし仲よく寄り添って暮らす日だってありますからね。

「元彼と復縁してうまくいく」なんて大きな間違い・・・?

fukuen

誰しも「忘れられない人」というのは一人や二人いるものなのではないでしょうか?私にも専門学生の20歳くらいの時に付き合った男が忘れられない時期が7年くらいありました。

付き合って半年くらいで浮気されて別れた相手だったのですが、上手くいっている時は半同棲のような状況になっていて毎日が最高に楽しかったのです。

別れて3年くらいで再会して和解して「いいお友達」を続けていたのですが、半年で浮気するようなどうしようもない男なので私と別れてから彼女が一人もいなかったそうなのです。いつからか身体の関係を持つようになって「復縁する」と言う話も多少出たことがあったのですが辞めておきました。

一度ダメになった関係は、復縁したとしても「ダメになる前の状態」に戻すことが出来るわけではありません。壊れた部分を補強して、かつ同じ問題に直面しても壊れないようにして関係を続けていかなければなりません。

そんなところに努力しようと思うくらいなら他に目を向けていった方がいいと思います。

身体の相性はよかったから身体の関係だけが続く

学生の頃はピュアだったのですが、大人になってくると身体の関係から始まる恋愛も多くなってきました。ぶっちゃけ経験人数が増えてくると相性の良しあしもわかるようになってしまうので恋愛対象じゃなくても身体の関係だけという状況ができやすくなってきたように思います。

破局した相手でもお互いに恋人などの特定の相手がいないのであれば次の恋人ができるまではいいかなぁ・・・と思ってたら結局ダラダラ長引いてしまって腐れ縁みたいな雰囲気になってしまったことは多々あります。

この状態は実はとても危険で、相手がいないはずなのになんとなく異性のニオイ・雰囲気がするというのは男にバレていることがあるんですよね。そうすると身体目当ての男しか寄ってこなくなり、都合よく相手しているうちに妙な噂が広まったりして選り好みをしていたつもりが「本気の男」を遠ざける結果になってしまいかねません。

元彼には今カノがいて片思い状態で都合のいい女になった友人

「筆者の友人」の話になりますが、好きじゃなくなって自分から別れたつもりがいざ元彼に次の彼女が出来るとなんとなく魅力的に思えてしまって好きな気持ちが再燃、結局元さやに戻りきれずに浮気相手になってしまったという体験談があります。

特定の相手がいながらも自分に寄り添ってくれる相手はなんてかわいいんだと思ってしまう気持ちはよくわかるのですが、これはもう上手くいかないパターンですね。

案の定、「筆者の友人」の元彼もいきなり今カノと結婚してしまって「なんで?」という気持ちになってしまったようなのですが付き合っている彼女と結婚するのは当たり前です。「筆者の友人」は今の彼女ではないので切り捨てられて当たり前ですよね。

まとめ

男性は年を重ねると魅力が増す人がいますが、女性には賞味期限があります。だから恋人や奥さんといった相手のいる男とだらだら時間を浪費している時間はありません。

叶う恋愛だと思っても、不倫や浮気で幸せになれるケースなんて本当に稀です。不倫や浮気でなびいてしまう男はいつか必ず同じ間違いを犯すからです。その時に悲しい思いをするのはあなたです。

元カレとの復縁というのも一見自分のことをわかってくれていて話が早そうに見えるのですが、「一度ダメになった」という事実は何も変わりませんので新しく相手を探すよりもずっと手こずる可能性があります。注意しましょう。

Pocket