彼氏と結婚を前提にお付き合いする前に知っておけばよかったこと

Pocket

20代後半に差し掛かって30代が見えてくると男性と交際するにしても結婚するのかどうかということが一つ一つの判断のポイントになってくるものなのではないでしょうか?

でも結婚というものに対しての価値観は人それぞれ違いますので、間違った進め方をしてしまうことで一気に事態を悪くさせてしまうことがあります。また結婚ともなれば相手だけではなくて相手の家族という存在も大きく影響してきます。

今回はそんな彼氏と結婚を前提にお付き合いする前に知っておけばよかったことについて、普通のお付き合いをするときとどう違うのか?どういうところに注目して相手を判断していけばいいのかを解説していきたいと思います。

結婚を前提にしているならお互いの家族に会おう

family

冒頭でも少し触れたとおり、結婚をするということは彼氏の家族という存在が2人の関係が上手くいくかどうかに大きく影響してきます。結婚をするということは相手と一緒になることではなく相手の家族と一緒になるということなんですよね。

まずは結婚を前提にお付き合いする前に心得ておきたいお互いの家族についての考え方についてお話していきましょう。

意外と多い「親に話さない関係」

あなたは彼氏ができたら自分の親に「交際している相手がいる」ということを話したり直接会わせて紹介したりしますか?実は意外とここを見落としている人が多いのです。

親というのはよほど関心がないか放任主義でもない限り突然自分の娘に彼氏が出来ることには敏感なものです。存在について全く知らないまま娘がどこの誰ともわからない人と交際している状態には黙っていられなくなります。

またあなたが親に彼氏を合わせなかった場合、親の中で悪者になるのはあなたではなく彼氏の方である可能性が高いです。挨拶にも来ないで隠れてうちの娘と付き合っているなんて!と思ってしまうものなのです。

子どもの立場としてはよく理解できない部分でもあるのですが、なるべく早い段階で親には紹介してクリーンなお付き合いにした方がその後の展開は無難に収まります。

いきなり結婚しますはNG

NG1

付き合いはじめのカップルに特に意外と多いのですが、親に紹介したとしても突然の「結婚します宣言」は絶対にやめた方がいいです。

特に若いうちはついつい相手に夢中になってしまって自分たちの事しか見えていないというパターンに陥ってしまいがちです。

結婚というのは家族と家族が一緒になることなので、自分の親・相手の親のことを無視したような話の進め方をしてしまうと絶対にどこかで反対意見が出てしまって上手くいかなくなります。

親は心配するあまり反対するものであり、それを納得させてこそ周りから応援される関係になるのだということはしっかり心得ておきましょう。

嫁ぐ家の事情ごと受け入れられる心構えはあるか

筆者の友人が結婚してから経験した相手の家族とのトラブルの事例なのですが、旦那の弁当に夕飯の残り物を入れたら義母から「残り物を入れるなんて!」と怒られたという経験談があります。

どうやら彼女の旦那さんは小さいころから帰宅すると毎日手作りのおやつが出てきて弁当も毎朝すべてのおかずを手作りしているような家庭環境で育っていたらしいのです。

そこで母親に愚痴をこぼすなんていうのもちょっと信じられないのですが、そういう点も含めて彼の家族・家庭環境なのであり、彼にとっての常識だったということになります。

これらすべてを理解してどこまで受け入れられるのかをしっかり考えておく必要があります。

結婚を前提にお付き合いする上で見るべきポイント

結婚を前提にしたお付き合いを経て見事に幸せな結婚をした人たちは一体どのようなポイントを見て判断したのでしょうか?

付き合う前にしっかり見ておくべきポイントと失敗しないための考え方をここでチェックしておきましょう。

相手の状況を冷静に見極める

結婚を考えているあなたの彼はいまどういう経済状況にあって、どういう生活をしているでしょうか?どんなに良く見える相手でも一度しっかり冷静になって見直しておく必要があります。

これをおろそかにしてうっかり結婚に踏み出してしまうと後で取り返しのつかない状況に立たされる可能性がありますので要注意ですね。

例えば相手が借金をしているとしたら、言うまでもなく結婚してからはあなたも一緒に借金を背負うハメになってしまいます。もちろん借金があることが悪いというわけではないし、ある程度であれば2人で協力して返していく事も出来るでしょう。

しかし額と借りた理由については絶対に無視できません。ギャンブル癖があって何社もの消費者金融から借りまくっていたり、その額が何百万にも上っているということであればその相手との結婚は考え直した方がいいです。

またブラック企業で安月給で長時間労働を強いられているといったケースの場合も考えられますが、この場合は「結婚した後の生活」を想像して見極めてみましょう。

給料は上がっていかないけど拘束時間だけは長くなっていき、子どもが生まれてしまえば生活は厳しくなり旦那は家事育児を手伝ってくれる状況になく・・・というのはあまりにも過酷です。

期限を決めておく

結婚するまではある程度長い期間付き合って、お互いを見極めなきゃいけないなんて誰が決めたのでしょうか?交際前に何年も付き合っていたからといってそれが幸せな結婚の条件とは限りません。

むしろ明確な期限を意識していない状態でだらだらズルズルと付き合っていても、「入籍」というところまで関係が進展しないのであればそれは時間の無駄なのではないでしょうか?

私は学生時代から20代後半に差し掛かるまで8年間付き合った彼氏がいました。でも付き合いが長くなってしまっているせいか彼は結婚の話には全然興味なし。私がそういう話を持ち掛けるとあからさまに話題をすり替えて避けられてしまっていました。

出会った頃は学生でしたが私ももう20代後半でしたので、思い切ってその彼とは別れて違う彼を作りましたが、お互いの年齢の事や家族の事をしっかり考えて段取りしてくれたので、交際半年で入籍。

なんとか無事に30歳になる前にウエディングドレス姿を両親に見せることができました。

短所を受け入れられるかを判断する

結婚生活というのは離婚でもしないかぎりは長く続いていきます。円満に過ごしていると結婚するまでは見えなかった短所が目に付くようになってきてしまうものです。

人間だれしも完璧ではありませんが、お互いの短所を否定して改善させようとするとそう簡単には治らないという現実に直面して関係がギスギスしてしまったりします。

その短所・欠点というのがあなたにとって本当に受け入れられないものだという可能性もあるので、無理なら無理と早めに判断して次に進んだ方が時間の浪費をしなくて済みます。

「恋は盲目」とはよく言いますが、ただ付き合っているうちというのは本当に相手のいいところばかりを見てしまいがち。失敗しないためには思い切って同棲するなどして2人で部屋を探すところから順番に結婚後の生活をシミュレーションしてみるといいかもしれません。

もちろん、同棲は相手の部屋に転がり込むような形では無く、しっかりとお互いの親に挨拶をしてからじゃないとダメですよ。

彼氏と結婚を前提にお付き合いする前に知っておけばよかったことまとめ

ring1

恋愛感情で燃え上がっている最初のうちはどうしても結婚に対して勢いづいてしまいがちですが、相手の家族や家庭の事情、生まれ育ってきた環境などをしっかり理解した上で踏み出すようにしましょう。

また相手の事も「結婚相手としてどうなのか」という、普通の交際相手としてのステップから一段上がったところで見極めなくてはいけなくなります。相手のおかれた状況や目指している目標、人間としての欠点まで受け入れることが出来るのかを考えながら進めていかないと失敗して後悔してしまうことになりかねません。

もし相手が結婚するに値する相手じゃなかったり先を考えることが出来ない状況なのであれば、限りある時間を意識して早めの決断をした方がいいかもしれませんね。

最近では結婚相談所や婚活関連のイベントなども増えてきているので目の前のひとりに固執するのではなく様々な可能性を見据えて婚活していきましょう。

Pocket