ファッションに疎い男性は「マネキン買い」でセンスを磨く

Pocket

学歴があって仕事もしていて収入もそれなり。唯一の欠点は私服が野暮ったいというか、ハッキリいってダサい。普段はスーツを着用していることが多いため、それなりの容姿に見えるけど、プライベートな休日はなんとも残念な格好でいることが多い。当然、彼女や奥さんといった存在とも無縁である。世の中にはこういった男性が実に多く、特に30代~40代に集中しているような気がしてなりません。

どこでどんな服を買えばよいのか見当がつかない

今までスーツばかり着てきた後遺症ですね。ファッションビギナーがいきなり服屋に行くと店員さんのマンツーマン接客、セールストークの集中砲火を浴びてしまい、言われるがままとなってしまいます。

まずは平常心でお買い物ができるファッション通販にアクセスしてみてください。お店選びとして掲げるキーワードは「マネキン買い」です。よくお店の中にいるマネキンはトップス、パンツ、シューズ、アウターとすべて揃った状態で飾られていますが、コーディネイト済みのセット買いができるのがマネキン買いというやつです。

これであれば、自分で上から下まで選ぶ必要がなく、服選びのプロであるお店側がセレクトしたファッションをそのまま買い取ることができるので、私服ダサいのレッテルを返上することも可能です

まずはマネキン買いによるトータルコーディネイトでモテ服の研究に勤しみながら服装に対するセンスを磨いていきましょう。

ファッションセンスは磨けば光る

当人が意識あるのかないのか分かりませんが、私服ダサ男はいつも同じような服装でいることが多いです。たいてい全体的に黒っぽかったり、いまいちパッとしないなど、要因は手持ちの服のバリエーションが乏しかったり、組み合わせ的にマッチしていないなど、不完全で不釣合いなコーディネイトがかなり響いているように思えます。

この状態に少しでも自覚があるのであれば、活路を見出すべく新たな戦闘服を手に入れることができるはずです。

人間は中身で勝負だ!は詭弁

見てくれではなく人間は中身が大事。確かにその通りかもしれませんが、私服がダサいという時点で女性陣からはちょっと低く見られてしまい、マイナス査定からのスタートを強いられてしまいます。この状況から挽回するには倍以上の努力が必要となり、いきなりの劣勢と言えるでしょう。

誰だって不味そうな見た目よりも美味しそうな外観のご飯を選ぶのと同様に、身なりがこざっぱりとしていて清潔感のある人を選ぶはずです。中身も大切ですが、その中身をきちんと見てもらえるように、外観を磨き上げるのも怠ってはいけません。

Pocket