社内恋愛をする前に知っておけば良かったと後悔したこと

Pocket

恋愛は好きになってしまったら理性で収まりがつくものではありません。それはたとえ社内恋愛であっても同じことですよね。

しかし良いか悪いかを別として、同じ会社・職場の中での恋愛というのは現実的なリスクがつきまとうものだったりします。

筆者は同じ会社に7年間勤めて、一度だけ社内恋愛をして思い切り周りに恥を晒してしまって以来、一度も一線を超えないように意識して働いてきました。

今回は筆者が第三者から見た社内恋愛の裏側と、出来るだけ周りに失態を晒さないために社内恋愛をする前に知っておけば良かったと後悔したことを紹介したいと思います。

社内恋愛はうまくいくのか?という疑問

世の中の働く女性の約半数は社内恋愛の経験があるというデータがあるのですが、なんと更にその半数は破局しています。

これを大きい数字ととらえるかは人それぞれですが、破局する原因だけを意識して考えてみると乗り越えなければいけないハードルは決して低くありません。

社内恋愛に踏み切る前に考えられるハードルと、もし破局したらどういう状況が想定されるか考えてみましょう。

会社もプライベートも一緒というストレス

同じ会社で同じオフィスだった場合、毎日8時間お互いの目の届く範囲にいるハメになり、帰り道も一緒に帰り、同棲していれば帰宅後も一緒です。

関係が上手くいっているうちは何の問題もないどころか、幸せに満たされた時間を送ることが出来るのですが、ひとたび関係が悪くなったりケンカしてしまったりすれば最悪です。

嫌でもお互いの存在から離れることが出来ないというのはとてつもないストレスになってしまいます。なかなか経験してみるまで気付けないポイントであるだけに、社内恋愛をする前に知っておけば良かったことの一つであると言えますね。

社内恋愛が破局したらどうなるか

これは筆者が実際に見た社内恋愛の終末ですが、なんと片方が会社を辞めました。どうやら男の方が同じ部署の別の女性と二股をかけたらしく、元は3人とも仲のいい同僚だっただけに彼女が受けたダメージも相当大きかったようです。

これだけ派手なこじれ方をするものなのかという驚きもありましたが、何より彼女が退職する前に職場内で「遊ばれた」と吹聴して回ったことで大きく表層化して、3日と待たずにオフィス内のほとんど全員が事件を知ることになってしまったという流れには見ているこちらの息が止まりそうになりました。

当事者たちは同じ職場で毎日顔を合わせるわけですし、あとくされを残すカップルはたいてい破局するまでの間に周りにも派手にバレていますので、いざ破局した時の気まずさも倍増です。

だからどちらかが退職するという末路をたどってしまうことも意外と多いのですが、これは何より会社にとっての不利益ですよね。

確かに社内恋愛はスリルもあるのでその分楽しいものではありますが、場所が場所だけに遊びの関係などの適当な付き合い方はしない方がいいですし、破局した時のことだけは覚悟しておいた方がいいですね。

このエピソードからわかることは、恋愛はどちらか片方がその責任を100%取ることは出来ないということです。どういうカタチでこじれても当人たちが責任を取るのが大人の恋愛ですが、あなたがどんなにしっかりしていて気丈に振る舞ったとしても相手が崩れてしまえば周りに迷惑をかけてしまう可能性をゼロにはできません。どんなに頑張ってもあなたが持てる責任は50%までだと心得ましょう。

社内恋愛で人事異動?

筆者が一度だけ社内恋愛をしてしまったときの話です。その時は同じ部署で向かいの席になった人気の爽やか系イケメン新入社員の彼と付き合っていたのですが、とても残念なことに交際開始から早々に「お揃いの指輪を着けていた」という理由で上司や同僚に一斉にバレてしまいました。

交際開始から間もないうちに感極まって指輪とか重たいプレゼントを贈りあってしまったというのも今思うと結構痛々しい話ではあるのですが、更に有給休暇の希望日などを完璧に合わせてしまったので周りからブーイングが上がってしまったのです。

程なくして筆者は着任したばかりのその部署から人事異動で階の違う別のオフィスに異動させられてしまいました。

面と向かって社内恋愛が急な異動の原因だとは言われていませんが状況から言ってほぼ間違いないし、自分自身でもちょっとやり過ぎたかなっていう自覚はあるので「こんな後味の悪い思いをしなきゃいけないなら二度と社内恋愛はしないでおこう」と心に決めたのでした。

隠しても必ずバレる社内恋愛

syokubanai2

ここまでの内容からも社内恋愛はなるべく周りにバレない方がいいのは確かなのですが、バレずに恋愛を成就させて順調に交際を続ける方法なんてあるのでしょうか?

これは何組もの社内恋愛を見てきた筆者の見解としては「必ずバレる」という結論になります。 そこには、ほとんどのカップルが気付けない3つの「バレる要素」があるからですね。

社内恋愛がバレる3つの要素

  1. 無意識に恋人同士の雰囲気が出てしまっている
  2. プライベートで気を抜いて行動してしまう
  3. オフィス内で普段使っている私物を共有してしまう

出来上がってしまっている男女のニオイというのはなかなか消せるものではありません。だからと言って全く関わらないようにするのもなんだか不自然ですし、「あの2人、何かトラブルでもあったのかな・・・」と思わぬ方向に周りの想像を飛躍させてしまいかねません。

また、プライベートでの行動範囲に同僚がいるかどうかを意識していないと一気にバレます。隠していただけに誰か一人にバレるだけで一気に噂が燃え広がりますので、ここでボロが出ると完全に収拾がつかなくなります。

本人たちは何気なくやっているつもりでも周りには違和感たっぷりに見えてしまうのは私物の共有です。筆者の職場では普段彼氏が使っているコーヒーやお茶等を入れて持ち運ぶ耐熱ボトルを彼女が借りて使っていたのをきっかけにしてバレてしまったというケースがありました。

社内恋愛が仕事に支障をきたすケース

syokubanai3

実際に社内恋愛をしてみて初めて障害に気付くことは多いものです。あくまでも当人たちの間で収まっている限りはかわいいものなのですが、交際していることで仕事に支障が出てしまいそれが表層化してくると周りも黙っていられなくなります。

次は社内恋愛が仕事に支障をきたすケースはどんなものなのかを確認していきましょう。

彼女の方が出世してしまって嫉妬する彼氏

男のプライドというのは女性から見ると本当に子どもっぽくてくだらないものに見えることがありますが、役職の高さや報酬の高さに関して譲れないプライドを持っている男性は別に珍しい事でもなんでもありません。

そういった男性のプライドに反してあなたの方が出世してしまったりもらっているお給料が高くなってしまった場合、彼もあなたも平常心でいられるでしょうか?

プライベートでリードしている彼と仕事でリードするあなたが職場でぶつかるような事があったら、周りの人たちは一気に取り残されてしまったような構図になってしまい、2人の恋愛が仕事に絶対に影響しないとは言い切れなくなってきてしまいます。

仕事で失敗すると恋愛のせいにされる

これも筆者の職場で同僚のカップルに実際に起こったことなのですが、付き合っている2人が出勤の前日に居酒屋で仲よく飲んでいたのを会社の人に目撃され、その翌日に彼氏が見事に会社に遅刻してきてしまったという事件がありました。

もちろん2日酔いが原因ですので途中から出勤してきたところでパフォーマンスも上がりきらないわけですが、これらは全て出勤の前日に2人で飲んでいたことがバレていなければ「ただの体調不良」で片づけられる内容です。

しかし前日に2人が一緒に飲んでいたことも、付き合っていることも知られているので、全ては恋愛にうつつを抜かしているから悪い」と言われてしまうことになります。

案の定、2人とも揃って上司から普段以上に怒られていましたし、2人の関係にもかなり突っ込みを入れられてしまったようです。プライベートに介入されるのは嫌なものですがこれでは文句も言えませんよね。

人間誰でも失敗はするものですが、社内恋愛が知れ渡っていることで普通なら問題にならないことが問題視されるようなケースも出てきてしまうので注意が必要ですね。

社内恋愛に発展する前にやっておけば良かったことまとめ

冒頭でもお話した通り、恋愛の感情というのはなかなか理性でコントロール出来るものではありません。しかも社内恋愛には社内恋愛ならではの気を配らなくてはいけないポイントがあるものですから、無事に成就させるには事前の段取りが人一倍必要になってきます。

出来ることならバレないようにするのが一番ですが、ほとんどの場合で本人たちにしてみれば思わぬところからバレますので、周りに知られたときに嫌な思いをしないようにお互いに話し合って取り決めをいくつかしておくといいでしょう。

また、過去に既に失敗している、もしくはこれから失敗するのが怖いというあなたは職場の外に出会いを求めるという選択肢を取った方が賢明かもしれませんね。

Pocket