【おひとりさまをこじらせる前に】男性と付き合えない女性が自分を変える方法

Pocket

一見するととても女子力が高そうに見えるのになぜか彼氏・パートナーがいないという女性っていますよね。

例えばSNSなどの投稿を見ていても休日は家で妙に手の込んだ料理を頑張って作っている様子が伺えるのに自分を「独女」と呼んでいたりする女性。

そして外食しても「コラーゲンたっぷりな食べ物」とか「かわいいスイーツ」をかわいく写した写真を載せているのにタグ付けされているのが毎回必ず女友達な女性もいます。

今回はそんな女子力高そうな女性たちが男性と付き合えない理由とは一体なんなのか?おひとりさまになってしまう理由とはなんなのか?を探っていきたいと思います。

おひとりさまになる女性の特徴

まずはおひとりさまになりがちな女性の特徴とはどんなものなのかをピックアップしたのでチェックしてみましょう。

仕事に熱中しすぎている

真面目で責任感の強い女性は会社の仕事でも責任のある立場を任されて、着々とキャリアアップをしていっているものです。

careerwoman

そんなキャリアウーマンはプライベートを少なからず犠牲にして合理的に仕事にウエイトを置いている人であるとも言えるのですが、合理的に考えるあまり内心では「男性との交際は時間がもったいない」と感じてしまっている女子も少なくないようです。

確かに男を相手にしていると些細なことで喧嘩したり浮気されたりといった辛い経験をしてしまうこともある反面、仕事は裏切らないという風に考えてしまうのも一理あると思います。

このタイプはアラフォー世代に特に多く、過去に恋愛で辛い経験をしているが故に仕事で自分磨きをしようとしているうちにおひとりさまをこじらせて行き遅れてしまい、気づいた時には結婚も出産も厳しい年齢になってしまっているケースが多いです。

友人を優先している女子

私の知人には30代半ばで「親友」と呼ぶ友人と休日の度に常に2人で遊んでいる女性がいます。

彼女はルックスはとてもよく、趣味も料理ということで一見すると家庭的な女性の印象があり男性からの人気も高いのですが、なんと男性とのデートにも「親友」を連れていってしまいます。

これではどんなにイケメンで恋愛偏差値の高い男性でもただの友達止まりまでしか関係を進展させることが出来ませんし、傍から見ているともはやデートにすらなっていないです。

彼女に言わせると「〇〇ちゃんは大事な親友だから、私を大切に考えてくれるのであれば〇〇ちゃんを優先することを理解してくれないとイヤ」ということなのですが、これを男性に理解してもらおうというのは無理があります。

男性側としてはさっさと諦めて別の女性に目を向けた方が時間の無駄にならないので、極端に友人を優先する女性は自然と男性と付き合えなくなっていきます。

確かに友人というのは長い付き合いになることもありますし、「親友」ともなれば一生ものかもしれません。

しかし、結婚して家庭を作ったり、将来的に子どもが欲しいと思っているのであればどこかで優先順位は見直しをしなくてはいけませんね。

一切の隙を見せない女性

プライベートが充実し過ぎているために男性が入り込む隙がなくなってしまっていることも男性と付き合えない理由かもしれません。

確かに趣味や習い事というのもあなたを裏切ったりはしませんので、打ち込みたくなる気持ちもよくわかります。

いい男性に巡り合えるようにストイックに自分磨きをしているという人もいることでしょう。

確かに女性としてのスキルアップは大切なのですが、時間や心に余裕のある女性の方が出会いのチャンスは多くなり、必然的にいい男性に出会える確率だって高くなるはずです。

また誰に誘われても自分ルールを常に守り、全てを完璧にこなすような隙の無い女性には男性もお誘いの声をかけにくく感じてしまいます。

気付いたら手遅れなくらい男性と付き合えない女になってしまっていた、という事にならないためにも男性が入り込む隙とそれを女性として受け入れる余裕を持てるように意識してみましょう。

男性から手を出されない女性の特徴

ここまで男性と付き合えないが抱えている問題について紹介してきましたが、特に心当たりがないという人は男性がアプローチしたくない女性になってしまっている可能性があります。

では男性はどのような女性に手を出したくならないのでしょうか?

次は相手から手を出されないことで男性と付き合えない女性の特徴をチェックしてみましょう。

1,ただのいい人

いい意味でも悪い意味でも特徴が無い人はどんないい人でも「ただのいい人」というポジションにとどまってしまい、男性から特別なシチュエーションで声がかかりにくいです。

付き合った後の事を想像した時にイメージがしにくい人は付き合ってからどう転ぶかわからないので男性としても積極的に付き合おうとは思わないでしょう。

誰からも好かれるキャラよりもしっかりと自分の意思を持って男性と接する事で、おひとりさまを脱出できるかもしれません。

2,都合のいいセフレ的なポジション

付き合う前に身体の関係を持ってしまった場合などはセフレ的なポジションに落ち着いてしまって本命の女性になれないというケースもあります。

相手の男性の気を引くための手段として身体の関係になるのが必ずしも悪いとは言えませんが、最終的に付き合えるかセフレで終わるかには決定的な違いがあります。

それはあくまでも女性側が主導権を握っている事。

その為には行為に至った理由を敢えて問い詰めないこと。そして2回目を都合よく許さないことを心がけてみましょう。

3,男友達みたいな女性

なんでも相談できる友人同士の関係から恋愛に発展することもあり得るのですが、中には男友達に近い領域まで踏み込んでしまっている女性もいます。

tomodachi-nomi

ちょっとエグい下ネタとかをお酒をグイグイ飲みながら話せてしまう間柄では「もう女性として見れない」という気持ちになってしまう男性もいるので注意が必要です。

もしあなたが男友達と男女の関係は全くあり得ない!と思っているのであればそれでもいいのかもしれません。

しかし男友達でも男性は男性なので完全に除外してしまうというのももったいない話です。

可能性を消してしまわないためには普段からどんな男性と接する時でも女性としての一線を守って容姿や振る舞いなどに気を付けていきたいものです。

4,彼の友人の元カノ

例外的なケースになりますが、あなたが彼の友人の元カノであった場合、彼からあなたに声をかけてくる可能性はグンと低くなることでしょう。

中には気にしない男性もいるのですが、男の友人同士の間で複雑で気まずい感情が生まれてしまうことを考えると「友達の元カノなんてあり得ない!」という人は多いです。

下品な表現になるのですが、「友人のお古」とか「穴兄弟になってしまう」という風に考えている人もいるので、その場合はほぼ間違いなく成就しません。

元カレと友人関係にある男性にアプローチするのであれば、よく相手の様子や友人関係を伺って踏み込める相手かどうかを慎重に判断していくといいでしょう。

5,束縛宣言してしまう女性

ちょっといい感じになった男性も、あなたがものすごく束縛してしまうような女性であることを悟った瞬間に引いていきます。

sokubaku

しかしどこからが束縛なのか?というのは人によって意見が分かれるところです。

そこで20~30代の複数の男性にアンケートを取ったところ、

  • どこで誰と何をしているのかを常に共有
  • 携帯の中身は自由にチェックさせる
  • 女性のいる飲み会やカラオケには絶対に行かない
  • 飲み会は1次会で直帰する
  • 仕事であっても女性と2人きりになってはいけない

という要求をされた場合に「束縛されている」と不満を感じている男性が特に多いようです。

あなたはこんな束縛をするような交際をしていたりしませんか?

こういった経験がある男性は付き合う前に「束縛する女性」の雰囲気をあなたの話の中から察知しています。

そもそも相手が息苦しくなるくらい必要以上に束縛をしてしまうというのは、相手の男性に不安要素があるというよりも自分自身に自信が無いという心の問題の表れです。

実はルックスが良くて容姿に自信がある女性ほど、男性が女性のルックスで左右される様を目の当たりにしてきているので、縛っても縛っても安心できずに過度な束縛をする傾向があります。

男性をつなぎとめるのは必ずしも見た目の問題ではないということを心得ておかないと、意中の男性に付き合う前から逃げられてしまうかも?

まとめ

今回はなかなか男性と付き合えない女性のライフスタイルの特徴と、男性側から手を出されないことでおひとりさまをこじらせてしまっている女性の特徴をそれぞれ紹介しました。

どんなに女子力が高くても、女子力を磨くことが目的になってしまっていたり、仕事や友人にばかり時間を使ってしまって男性と付き合うことの自分の中での優先順位を上げることができない女性がおひとりさまをこじらせやすい傾向にあるようです。

せっかく磨いた女性としての魅力を存分に発揮できるよう、そして素敵な男性との恋愛で毎日を充実させて仕事の原動力にも出来るようにしていきたいものですね。

Pocket